アルバイトが定着しない原因とは?効果的な5つの対策と定着率が高い採用方法を紹介!

せっかくアルバイトを採用しても、なかなか定着してくれないと悩む採用担当者や店舗マネージャーは多いでしょう。広告費をかけて募集し、面接や教育など手間をかけたにもかかわらず、すぐに辞められてしまってはすべてやり直しです。

実は、アルバイトがすぐに辞めてしまう原因はいくつかのパターンに集約されます。本記事では、アルバイトが定着しない原因とその効果的な対策をまとめて紹介します。有料広告に頼らず、定着率の高い採用を実現する「リファラル採用」という手法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アルバイトが定着しない原因とは

アルバイトがすぐに辞めてしまう原因は、大きく分けて5つです。最近辞めてしまったスタッフのケースと照らし合わせ、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

人間関係が合わなかった

社員や先輩スタッフとの人間関係がうまくいかず、辞めてしまうというパターンです。先輩スタッフが厳しかったり、既存のアルバイトスタッフによるグループに溶け込めなかったりすると、ストレスや疎外感を感じて出勤するのが億劫になってしまうでしょう。

また、職場全体の雰囲気が悪い場合も新規スタッフにストレスを与えてしまいます。特に学生の場合、アルバイトには時給報酬だけでなく人とのつながりを求めている場合が少なくありません。スタッフ同士のコミュニケーションが少ない職場では充実感を感じられないため、離脱しやすくなります。

想像より辛い勤務環境だった

募集の文面から想像していたよりも、業務内容がハードだったというケースです。簡単な作業と記載されているにもかかわらず、重い荷物を運ばされたり汗をかく作業が多かったりすれば、「聞いていた内容と違う」と感じるのも無理はありません。

また、肉体的な辛さだけでなく精神的な辛さが辞める原因になることもあります。「初心者歓迎」と書かれているにもかかわらず、先輩スタッフによる指導が厳しく、毎日叱られてばかりいれば、辞めてしまいたくなるでしょう。

学業や家庭との両立が難しい

学生であれば大学・専門学校などの授業やテスト、主婦であれば家事や育児などとの両立が難しくなるケースです。すきま時間で効率よく働こうと思っていたなか、シフトの融通が利かず辞めてしまうというパターンは少なくありません。

このケースについては、事前に勤務日数や時間帯をよく確認していなかった応募者の責任ともいえるでしょう。しかし、いずれにしても面接や教育にかけた時間は戻ってこないため、店舗にとっては大きな痛手です。

想像していた仕事内容とちがった

募集内容や面接での説明から想像していた業務内容と違ったため、やりがいを感じられなかったり負担に感じたりして辞めてしまうケースです。

例えば、飲食店のアルバイトでホールと聞いていたのに人手不足で調理担当をさせられたり、ホームセンターのアルバイトで事務作業と聞いていたのに重労働を任されたり、といった事例が挙げられます。仕事に憧れを持って応募している場合もあるため、想像と異なる業務内容を与えられれば裏切られた気持ちになってしまうでしょう。

業務の難易度が高く対応できなかった

アルバイトだからと軽い気持ちで応募したものの、勤務を始めてみると既存スタッフのプロ意識が高く、ついていけないというケースです。特にこだわりのある店舗では、アルバイトとはいえ接客のプロとして厳しく指導する場合もあるでしょう。既存のスタッフも、自身の仕事に誇りを持っているため、うまくできないスタッフに厳しく当たってしまうかもしれません。

業務をなかなか覚えられず叱られてばかりいては、自信をなくしてしまい、早期に辞めてしまう可能性が高いでしょう。

アルバイトが定着しないことのデメリット

アルバイトが定着しない原因を5つ紹介しましたが、そもそもアルバイトがすぐに辞めてしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか。ここでは主に3つのデメリットを紹介します。

採用コストがかさむ

アルバイトが定着しなければ、再度募集が必要になるため採用コストがかさんでしまいます。有料広告で募集する場合には、1つのポジションを埋めるために2倍、3倍のコストがかかることになるでしょう。

人手不足によってアルバイト確保の競争も厳しくなっています。なかなか集まらない場合は掲載期間を延ばすことになり、さらに大きな費用がかかる可能性もあります。

採用の手間がかかる

コストのほかにも、採用プロセス自体にかかる手間の大きさが挙げられます。広告の出稿や応募書類の審査、面接、勤務開始の手続きなど、1人のアルバイトスタッフを迎え入れるのにも多くの手間・時間がかかります。

アルバイトが定着せず、募集→採用→教育→再募集というステップを繰り返すことになれば、余計な時間を費やすことになるでしょう。採用以外にも現場のマネジメントなどやるべきことは多いため、効率的な店舗運営が難しくなります。

サービスの質が下がる

さらに、アルバイトスタッフの離脱が続けば、新人スタッフの割合が高まるためサービスの質が下がるというリスクがあります。入ったばかりのアルバイトは業務に不慣れなため、接客時に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。稀にであれば許容されるかもしれませんが、何度も続けばクレームにつながる可能性もあります。

満足度の高いサービスが提供できなければ、長期的には売上や集客の低迷にもつながりかねません。

アルバイトが定着しない場合の5つの対策

アルバイトが定着しない原因がある程度わかっていれば、対策することは十分可能です。募集内容の改善や採用後の体制構築、さらに新たな採用手段の導入まで、幅広く対策を紹介します。

人間関係を改善する

人間関係を改善することで、新しいスタッフが馴染みやすい職場づくりを心がけましょう。職場の人間関係が良好でなければ、長く働き続けることは難しくなります。

とはいえ、いきなり人間関係に変化を加えるのは店長やマネージャーでも難しいはずです。まずは、新規スタッフが職場に溶け込めるよう、勤務開始当初にフォローするところから始めましょう。

また、長期的にはリーダー向けの研修を設け、新人教育の質を上げるという策も効果的です。よかれと思って伝えたアドバイスが、新規スタッフにとってはプレッシャーになっているかもしれません。教育方法を学ぶことで、よりよいアプローチで指導できるようになります。

リアルな情報を公開する

採用後のミスマッチを避けるためには、仕事内容や職場の雰囲気をよく見せすぎないことが大切です。応募を増やすために広告上で魅力的な表現を使いすぎてしまうと、採用後に「想像と違った」「募集要項の内容と違う」などといった不満につながるでしょう。

リアルな様子を伝えることで、応募数自体は減るかもしれません。しかし、最終的に定着率が高まるなら、効率的な採用につながるためメリットは大きいはずです。シフトの融通がどの程度利くかといった細かい点も記載することで、採用条件に合わない応募者とのミスマッチも避けられます。

新人向けの教育体制を整える

業務にいち早く慣れ、自信を持ってもらうことで定着率は高まります。そのためには、新人向けのマニュアルや研修を充実させるのが効果的です。

教育体制が整っていないなかで厳しい要求をされても、「ついていけない」と感じるスタッフがほとんどでしょう。わからないことがあったときに参照できるマニュアルや、業務を体系的に学べる研修があれば、難易度の高い業務でも段階を踏んで習得できます。

福利厚生を充実させる

福利厚生を充実させることで、ほかのアルバイト先にはないメリットを感じてもらえます。福利厚生といえば会社員向けのように感じるかもしれませんが、例えばお店の商品やサービスを安く購入できるようにするなど、アルバイト向けにも導入は可能です。

アルバイトとして勤務しているからこそ享受できる独自のメリットがあれば、働き続ける意欲も湧いてきます。

定着率の高いリファラル採用を取り入れる

アルバイトスタッフの定着率を劇的に高めるには、そもそもの採用方法を見直すのも効果的です。より定着率の高い採用手法として近年注目されているのが「リファラル採用」です。

リファラル採用では、既存のアルバイトスタッフから友人・知人を紹介してもらうことで新規スタッフを集めます。業務や職場の雰囲気を十分に把握している既存スタッフからの紹介であるため、人間関係のトラブルや採用後のミスマッチが起きにくく、定着率が高いという特徴があります。

実際にパチンコホールの「マルハン」では、リファラル採用を従来の採用と比較した場合、採用3カ月後の定着率が20%ほど高くなるという結果になりました。既存スタッフからの紹介であるため、広告費がかからないのもリファラル採用の大きなメリットです。

≫ アルバイトはリファラル採用がおすすめ?メリット・デメリットや導入時の課題を解説

定着率の高さが魅力のリファラル採用ですが、懸念点としては紹介時の手続きやデータ管理に手間がかかるという点が挙げられます。しかし、リファラル採用に対応した採用管理システムを使うことで、余計な工数をかけることなく効率的に導入できるでしょう。

まとめ

本記事では、アルバイトスタッフが定着しない原因やデメリット、対策を紹介しました。従来の求人広告による募集も改善を図りつつ、リファラル採用といった新たな手法も取り入れていくことが、アルバイト定着率の向上につながるでしょう。

統合型採用管理システム「ビズプラ採用管理」では、以下のとおり簡単にリファラル採用を始められる機能を備えています。

  • リファラル採用の応募者データを自動で取り込み
  • 発行したURLを送るだけで紹介可能
  • 簡単に紹介用求人広告を作成可能
  • 紹介履歴を自動でデータ化

また、リファラル採用だけでなく採用管理システムとして以下のような点を強みとしています。

  • 95%以上の求人メディアに対応した応募者取り込み
  • メール・SMSによる応募者へのスピーディーな対応
  • Indeed、求人ボックス、スタンバイへのデータフィードを標準装備
  • 求人広告の効果を見える化
  • 電話とメールでしっかりサポート
  • 月額70,000円~の安心プライス
  • 採用のお役立ち情報もお届け

アルバイトスタッフのリファラル採用に興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>> 統合型採用管理システム「ビズプラ採用管理」はこちら

タイトルとURLをコピーしました